ガレリアノート

15インチでも薄型狭額ベゼルでコンパクトに使えるゲーミングノートGALLERIA RL5C-R35T

RL5C-R35T

ドスパラで販売されているGALLERIA RL5C-R35Tは、大画面を確保しつつコンパクトな筐体に高性能なパーツを組み込んだゲームパソコンです。

ゲームパソコンといえば、大型のグラフィックボードを搭載でき、冷却面でも自由度が高いデスクトップ型が人気です。

しかし、ゲームのためだけにデスクトップはちょっと…という方や、色んな場所でゲームを楽しみたいからノート型がいいという方もいます。

今回紹介するGALLERIA RL5C-R35Tは、高性能グラフィックボードGeForce RTX 3050を搭載し、本体は薄型で画面の縁も小さい狭額ベゼルを採用したコンパクト設計。

最新ゲームを場所を選ばず気兼ねなく楽しめるだけではなく、15.6インチモニターを活かして仕事にも使いやすいパソコンです。

今回はドスパラさんより実機をお借りできたので、実際の性能や大きさを検証してみます。

ドスパラ公式ページで見る

GALLERIA RL5C-R35Tのスペック

モデル名 GALLERIA RM5R-G60
OS Windows 10 Home 64ビット (ディスク付属)
オフィスソフト Office なし
Steam Steamクライアントのインストール
CPU インテル Core i5-11400H (2.70-4.50GHz/6コア/12スレッド)
グラフィックス NVIDIA GeForce RTX 3050 Ti 4GB
メモリ 16GB
WEBカメラ HD画質 WEBカメラ
SSD 512GB NVMe SSD
ハードディスク 無し
ディスプレイ 15.6インチ 非光沢フルHD液晶(1920×1080ドット表示)
入出力ポート USB3.1 Type-Cx1 / USB3.1 Type-A×2 / USB2.0 Type-A×1 / マイク入力x1 / ヘッドフォン出力x1 / HDMI2.1×1
サイズ 360(幅) × 244(奥行き) × 20.0(最薄部高さ) mm
バッテリー リチウムイオンバッテリー (約4.1 時間)

GALLERIA RL5C-R35Tがおすすめな方

  1. ノートPCで最新ゲームを楽しみたい
  2. 大きい画面だけど持ち運びしやすい
  3. 予算15万円でゲームノートが欲しい

【1】ノートPCで最新ゲームを楽しみたい

新しいゲームになるほど映像が進化し、パソコンに求めるスペックは上がってきます。

流行のFPSゲームは臨場感を出すために実写と間違うようなグラフィックですし、走り回ったりなど激しいアクションを伴います。

人気のゲームで必要になるパソコンのスペック(必要動作環境)は以下のとおりです。

CPU メモリ GPU
Apex Legends Core i3-6300 6GB GT 640
FF XIV Corei5 2.4GHz 4GB GTX750
Forza 5 Corei5-4460 8GB GTX 970
RL5C-R35T Core i5-11400H 16GB RTX 3050

このようにGALLERIA RL5C-R35Tは各種ゲームの動作環境をクリアしており「せっかく買ったのに遊べない」ということはありません。

定番のベンチマークソフト「FINAL FANTASY XV」での検証結果は高品質モードで「普通」でした。
ベンチマーク

ベンチマーク
ドスパラ公式サイトで公表されているベンチマークでの検証結果も「フルHD環境でゲームを快適にプレイすることができます。」となっています。

4Kモニターなどの高解像度でゲームを楽しもうとするとより高いスペックを求められますが、外部モニターを接続しない限りその心配はありません。

「普通」では満足できず、もっと快適にゲームで遊びたい方はドスパラの公式サイトで他のガレリアノートもチェックしてください。

【2】大きい画面だけど持ち運びしやすい

ノートパソコンはカフェなどに持ち込んで作業することも多いため、MacBookを主流とする13インチクラスが人気です。

それに対しGALLERIA RL5C-R35Tは15.6インチ液晶なので、重さやコンパクトさでは正直不利なところです。

そこで実際に大きさと重量を比べてみると以下のようになりました。

まずは大きさの比較です。

液晶サイズが違うため、ふた周り以上GALLERIA RL5C-R35Tが大きいです。
GALLERIARL5C-R35Tサイズ比較

しかし液晶画面の縁を狭く作り、できるだけ小さくしているのが分かります。スリムなMacBookProの液晶もGALLERIA RL5C-R35Tに比べるとわずかに幅広に見えてしまいます。

※左がGALLERIA RL5C-R35T、右がMacBookPro13
液晶ベゼル

重量の違いは以下のとおりです。
MacBookPro13 1.40kg
GALLERIA RL5C-R35T 約2.0kg

たしかにGALLERIA RL5C-R35Tの方が重くはなりますが、極端に重いわけではなく許容できる重量だと思います。

モバイル性か?画面の大きさか?優先順位は人それぞれで悩むポイントです。

しかしゲームを楽しむなら15.6インチ液晶の画面の広さや見やすさは、13インチには真似の出来ない強みとなります。

【3】予算15万円でゲームノートが欲しい

intel製CPUを搭載したガレリアノートは4スペック用意されており、その中でGALLERIA RL5C-R35Tは2番目に高価なマシンです。

これだけの性能を持っていると、ゲームだけではなく動画編集などのクリエイティブな仕事も充分こなすことができるため、コストパフォーマンスにも優れたパソコンと言えます。
RL5C-R35T
ドスパラではAMD製CPU搭載マシンを含めると8スペックのゲームノートがあります。

価格も169,980円(税込)から99,980円(税込)まで用意されているので、GALLERIA RL5C-R35Tを検討したが、より性能を追求したいまたは予算を減らしたいというときにはぜひ再検討してみてください。

GALLERIA RL5C-R35Tを写真で解説

汚れが目立ちにくくシンプルに仕上げられています。塗装のクオリティも高いので、ツヤ消しであっても曇ったような雰囲気はありません。
天板
天板

厚みは一番手前側で20mm、奥側で25mmありました。
高さ
厚さ

側面には各種インターフェースを設置しています。USBポートは全部で4つあるため周辺機器をつなぐには必要十分と言えるでしょう。

右側:USB3.1・SDカードリーダー(SDXC/SDHC対応)
右側面

左側:USB2.0・ヘッドフォン出力・マイク入力
左側面

背面にあるHDMI出力端子から外部モニターへ接続すれば、2画面マルチモニター環境も作れます。電源ケーブルも背面に差し込むタイプなので、長い配線が幅を取ることもありません。
背面
ちなみにACアダプターは大きめです。持ち運びには向きませんが、GALLERIA RL5C-R35Tのバッテリー駆動時間は約4.1時間あるため、特に不便さを感じることはないでしょう。
ACアダプター
ゲームをプレイするとパソコンには高い負荷がかかるため、どうしても発熱量が多くなってしまいます。

熱がこもってしまうと動作が遅くなりますし酷いときには電源が切れてしまうことも。もしもゲームの大切な部分で不具合が発生したら大変です。

そこでGALLERIA RL5C-R35Tは左右と背面に大きなスリットを設けて排熱対策も万全にしています。

サイズ的に13インチノートには採用できないテンキーを備えたキーボードでゲーム以外で利便性も高いのが特徴。さらにはLEDでの演出もあるためゲームパソコンらしさも両立しています。
テンキー搭載
LEDキーボード

まとめ

GALLERIA RL5C-R35Tはガレリアブランドのゲーミングパソコンでありながら、持ち運びも考えたコンパクトな作りになっています。

また、狭額ベゼルは本体をスリムにするだけではなく、画面の枠を忘れさせゲームへの没入感を高めてくれます。

このようにGALLERIA RL5C-R35Tは、ゲームパソコンとしての性能と日常での使いやすさを高い次元でバランスさせたパソコンと言えるでしょう。

もちろん最近発表されたWindows11にも対応しているため、購入後に無料でアップグレードすることも可能です。
ウィンドウズ11
ドスパラでは他にも多くのゲームPCを用意しているので、一度公式サイトも確認してみてください。

GALLERIA RL5C-R35T:139,980 円(税込)

ドスパラ公式ページで見る

公式サイトを見る
公式サイトを見る