ガレリア

初めてのゲームパソコンならガレリアのエントリーモデルGALLERIA RM5R-G60

RM5R-G60

ドスパラで販売しているゲームパソコンガレリアには50種類以上のラインナップがあります。

ドスパラ(サードウェーブ)以外のメーカーも含めるとかなりの数になるため、どのパソコンを選んだら良いのか迷ってしまいますよね。

今回紹介するGALLERIA RM5R-G60はドスパラのゲームパソコンでは最安値。(AMD Ryzen搭載シリーズとして)

ゲームパソコンが初めての方や低価格のパソコンを探している方におすすめです。

購入後の拡張性も高いため、プレイするゲームによってパソコンをパワーアップさせていくことも可能です。
AMDRyzen搭載モデル最安値パソコン
今回はドスパラさんより実機をお借りできたので、ゲーム性能や本体の内部構造などもレビューしていきます。

より高性能なパソコンが気になるときはドスパラの公式サイトも一度見てみて下さい。

ドスパラWEBサイトで見てみる

GALLERIA RM5R-G60のスペック

モデル名 GALLERIA RM5R-G60
OS Windows 10 Home 64ビット
オフィスソフト Office なし
Steam Steamクライアントのインストール
CPU AMD Ryzen 5 3500 (3.6GHz-4.1GHz/6コア/6スレッド)
グラフィックス NVIDIA GeForce GTX 1660 6GB
メモリ 16GB
電源 550W 静音電源
SSD 512GB NVMe SSD
ハードディスク 無し
光学ドライブ 無し(※カスタマイズで選択可能)
入出力ポート 前面:USB3.2×4(TypeAx2) 背面:USB2.0x4 USB3.2×2(TypeAx2)
映像出力:DisplayPortx1 HDMIx1 VGAx1
サイズ 220(幅)×440(奥行き)×425(高さ) mm
持込修理保証 保証期間1年

GALLERIA RM5R-G60がおすすめな方

  1. 初めてのゲーミングPCなのでどれが良いかわからない
  2. すぐにゲームを始めたい
  3. インテルCPUではなくAMD Ryzenを使いたい

【1】初めてのゲーミングPCなのでどれが良いかわからない

ドスパラのゲームパソコンで言えば最安値だと14万円ほど、一番高いと約50万円まで商品が揃っており、内部を構成しているパーツも違いますし、パソコンケースの大きさもそれぞれです。

しかし、最初から50万円クラスのパソコンを買ってもその性能を使い切れることも考えにくいですよね。

そこでおすすめなのが、最初は低価格なパソコンを選び必要に応じてパワーアップしていく方法です。

ガレリアシリーズは本体の大きさを活かした拡張性の高さも特徴です。

内部にはドライブを追加したり大型のグラフィックボードを搭載するためのスペースや配線が予め用意されているので、後から性能アップしたいときにも柔軟に対応可能です。

【2】すぐにゲームを始めたい

GALLERIA RM5R-G60にはオンラインゲームを楽める「Steam」プラットフォームが標準でインストールされています。

人気のオンラインゲームApex Legends(エーペックスレジェンズ)をはじめ、国内外の数千タイトルを面倒なインストール作業なしで楽しめます。(ユーザー登録は必要です)

また、最新のオンラインゲームはプログラムのデータが膨大です。

Apex Legends(エーペックスレジェンズ)などは22GBの空き容量を推奨としていますが、これは一部のゲームデータでありアップデートなどを含んだメインのゲームデータは50GB近くあります。

GALLERIA RM5R-G60なら標準で500GBのSSDを搭載しているため、容量を心配する必要はありません。

【3】インテルCPUではなくAMD Ryzenを使いたい

AMD Ryzenを搭載したガレリアはCPUを5通りと、グラフィックボードを6通りの組み合わせから選べるようになっています。

AMD Ryzenとは
Intel Core i シリーズへの対抗馬としてAMDが2017年3月に満を持して発売したCPUです。新世代の「Zen」マイクロアーキテクチャは旧世代のAMDコアに比べて、クロック・サイクルあたりの命令数(IPC)が52%も向上しており、Intel Core i シリーズに匹敵する性能を有しています。
引用:ドスパラ公式サイト

以前のIntelとAMDは得意とする分野や電力効率の違いがありました。しかし現在はラインナップも増えたり技術の進化によって決定的な違いは見られません。

正直なところGALLERIA RM5R-G60の価格帯ではIntel製CPUとの差別化は難しいですが「昔からAMDのファン」というユーザーにはぜひ使ってほしいパソコンです。

ドスパラWEBサイトで見てみる

GALLERIA RM5R-G60の外観

配送時は専用のカバーに包まれておりドスパラから大切に送り届けられているのを感じます。
配送時の梱包

ガレリアシリーズのなかでも本体サイズは高さを抑えてあるケースなので、机の下に置くなどしても邪魔になりません。

正面から見るとシンプルな外観。
正面写真

電源ボタンやUSBポート、オーディオのIN・OUT端子は上から操作しやすいように斜めに配置。グレーに塗り分けられてデザインのアクセントにもなっています。

USBポートは4つあるので挿す場所が不足することはありません。
正面インターフェース

左右前方のスリットから空気を取り入れ、パソコン内部を冷却します。スケルトンになっているので中のファンが回っている様子などを見ることができます。
側面
側面

空気の流れ

サイドパネルはネジを2本外せば取り外し可能です(素手でも回せます)。
パネルネジ

ゴム足はスタンダードなパソコンに比べてしっかりと作られています。電源が近い場所でもあるので異物が入らないようにメッシュでカバー。

常に最適な状態で性能を発揮するよう、見えないところでも疎かにしないこだわりを感じます。
底ゴム足

背面にもUSDポートやオーディオ系の端子が並びます。ちょうど真ん中あたりに見えるのがGeForce GTX 1660の映像出力端子です。
背面

搭載されているグラフィックボードGeForce GTX 1660にはDVI・HDMI・DisplayPortのポートがあり、全部つなげば3画面同時出力も可能です。
GeForceGTX1660端子

モニターが余っていれば変換ケーブルを使って適合するポートの形に合わせて接続してみましょう。モニターが増えると作業効率が格段に上がります。

・実際にモニター3つを接続時したところ
マルチモニター

GALLERIA RM5R-G60の内部

サイドパネルはネジ2本で簡単に外せるので、内部の清掃やディスクの増設なども難しくありません。
サイドパネルを外す

ガレリアは通常モデルと違い内部もブラック仕上げ。個々のパーツ性能や大きさも違うため配置も全然違いますし、冷却ファンも多く取り付けられています。
ノーマルと比較

迫力のCPU周り。高負荷のゲームでも安定した動作を確保します。
冷却系

メモリは最大64GBまで増やせます(標準は16GB)。ただしメモリスロットは2つしかないので増設ではなく差し替えになります。
メモリスロット

ドライブの増設をしやすいようにマウントを標準装備。
ドライブ増設

DVDやブルーレイドライブを追加したいときは、こちらに設置すると外部からの開け閉めができます。
光学ドライブ

反対側のパネルは外したところ。こちらにもドライブ増設用のマウントがあり、電源も用意されています。
ドライブマウント
ドライブ電源

高画質で激しい動きのゲームは「やや快適」レベル

実際にベンチマークソフトのファイナルファンタジー15の高品質モードで検証したところ「快適」ではなく「やや快適」でした。
ベンチマーク

ちなみに標準品質モードなら「快適」です。
ベンチマーク

高品質モードのベンチマークの動作画面を見ているとスムーズさに欠ける部分があり、ゲームで重要となるグラフィックボードの性能に物足りなさを感じます。

より高品質でゲームを楽しみたい方はGeForce RTX 3060を搭載したGALLERIA RM5R-R36(165,980 円税込)なども検討してください。

まとめ

GALLERIA RM5R-G60は高画質で動きの激しいゲームを苦手としていますが、通常モードでプレイしたりシミュレーションやパズル系など動きの少ないゲームなら快適に楽むことができます。

また、ゲーム以外でも動画編集など画像を扱う仕事も通常のパソコンに比べてスムーズにこなします。

まずはプレイしたいゲームを思う存分楽しめるかを判断し、問題なさそうなら不満が出た時にパワーアップして使い続けるのもいいですよね。

ドスパラでは他にも多くのゲームPCを用意しているので、一度公式サイトも確認してみてください。

GALLERIA RM5R-G60:149,980 円税込

ドスパラWEBサイトで見てみる

公式サイトを見る
公式サイトを見る