>> 実機レビューはこちら!

他とは違うスペックを求めるならRyzen+Radeon採用のGALLERIA XA7R-67XT 3700X搭載モデル

XA7R-67XT

ドスパラのGALLERIA XA7R-67XT 3700Xは、CPUにRyzen、グラフィックボードにRadeonを採用したゲーミングPCです。

パソコンはインテルのCPUとGeForceのグラフィックボードという組み合わせが定番です。

しかし、中にはAMDを使い続けている方やRyzenに興味をお持ちの方も多数いらっしゃいますよね。

GALLERIA XA7R-67XT 3700Xはそのようなユーザーを満足させるスペックを持ったマシンです。

今回はドスパラさんより実機をお借りできたので写真やベンチーマークソフトを使ってレビューしていきます。

Core i7とのベンチマーク比較

ドスパラ公式サイトに掲載されているベンチマーク結果です。

同じ価格帯のIntelCPU搭載GALLERIA XA7C-R36 H570(GeForceRTX3060)とベンチマーク比較すると以下のような結果になりました。

3D性能(DirectX)3DMarkベンチマーク

XA7R-67XT 3700Xが今回紹介するモデルです。

XA7R-67XT 3700X(194,980円)
Time Spy 11314
Fire Strike 26346
Fire Strike Ultra 8264
XA7C-R36 H570(199,980円)
Time Spy 8806
Fire Strike 19720
Fire Strike Ultra 5168

総合ベンチマーク PCMark10

XA7R-67XT 3700X(194,980円)
総合スコア 6689
XA7C-R36 H570(199,980円)
総合スコア 6812

それぞれ特徴が出ていますね。

3DMarkベンチマークならXA7R-67XT 3700Xが優秀だし、PCMark10ならXA7C-R36 H570です。

ちなみに定番のベンチマークソフトでは「とても快適」判定です。(高品質設定:XA7R-67XT 3700X)

正直に言ってしまえば数字上は大差ありませんので、詳しく知りたい方はGeForceとRadeonの違いと比較表も読んでみて下さい。

「どちらが優秀か?」というよりは用途や予算、好みでCPUやグラフィックボードが決まってきます。

ドスパラの公式サイトにて性能比較や特徴の違いを細かく解説しているので参考にして下さい。

インテル(Intel)CPU性能比較

AMD(Ryzen)CPU性能比較

GALLERIA XA7R-67XT 3700Xのスペック

モデル名 GALLERIA XA7R-67XT
OS Windows 10 Home 64ビット(ディスク付属)
CPU AMD Ryzen 7 3700X
グラフィックス AMD Radeon RX 6700 XT 12GB
メモリ 16GB
電源 750W 静音電源
SSD 1TB NVMe SSD
ハードディスク 無し
光学ドライブ 無し
入出力ポート 前面:USB 3.2 (Type-A)x4 背面: USB3.1(Type-A)x6
サイズ 220(幅)×440(奥行き)×480(高さ)mm
キーボード・マウス 付属していません

GALLERIA XA7R-67XT 3700Xの外装と内部

使いやすさと冷却性能を考えたガレリア専用ケースです。

外観写真と内部の構造を紹介します。

電源を入れるとLEDが光る!

電源スイットと前面パネルの周囲が青色に光ります。

派手すぎず落ち着いた色でカッコイイ!
ガレリアXA7R-67XT前面

使いやすい斜めコンソールとスッキリした正面パネル

正面の真ん中あたりにあった入出力の端子は上面に移動したため正面パネルはフラットなデザインになりました。

ドライブの増設は内部で行なえますし、光学ドライブを設置したときにはパネルを外せるようになっています。
ガレリアXA7R-67XT正面

USBが4つと音声の入出力端子があります。

机の下に置くことが多いパソコンなので、電源オンオフやUSBの抜き差しをしやすいよう、斜め45°の集中コンソールになりました。
ガレリアXA7R-67XTコンソール

サイドパネルからも新鮮な空気を取り込みます

サイドパネル前方のメッシュ部分から新鮮な空気を取り込んで内部を循環させます。

CPUが見えるように半透明のアクリル仕上げも注目ポイント!
ガレリアXA7R-67XTサイドパネル
ガレリアXA7R-67XTサイドパネル
自然吸気ではなく、この大型ファンによって強制的に空気を吸い込みます。上は光学ドライブの設置スペース。
ガレリアXA7R-67XTファン

底面もこだわりの装備

電源のある場所も取外し可能なメッシュを通して空気を循環します。

またガレリアは重いので、ゴム足も他のパソコンに比べ大きく作られています。
ガレリアXA7R-67XT底

グラフィックボードも見える背面

オーソドックスな背面ですが、ケースの大きさを活かした増設用スロットは6つも残っています。
ガレリアXA7R-67XT背面
AMD Radeon RX 6700 XTから出ているディスプレイ端子。

買ったときから複数のモニターを繋いで多画面出力が可能です。(HDMIx1・DisplayPortx3)
ガレリアXA7R-67XT背面

背面についているこのネジでサイドパネルを簡単に外せます。
サイドパネル取り外しネジ

空気の流れを考えて無駄をなくした内部構造

サイドパネルは両面外れますがパーツは片面に集中しているので、片面のパネルだけ外せばメンテナンス可能です。
ガレリアXA7R-67XT
ガレリアXA7R-67XT
ドライブを増設しやすいようにステーもあります。
ガレリアXA7R-67XT内部ステー
グラフィックボードのAMD Radeon RX 6700 XTです。

熱を持ちやすいパーツなので2連ファンと太いヒートパイプで熱暴走を防ぎます。
AMDRadeonRX6700XT
AMDRadeonRX6700XT
CPUのAMD Ryzen7 3700Xも徹底した熱対策で安定動作を確保します。

至近距離にファンを設置して排熱を強化。
AMDRyzen73700X
メモリは標準で16GBを搭載。更に2枚差し込めます。
ドスパラXA7R-67XT
ドライブを増設したとき用の電源ケーブルも付いています。
ガレリアXA7R-67XT配線

GALLERIA XA7R-67XT 3700Xを選ぶ理由

GALLERIA XA7R-67XT 3700Xの良いところはRyzenだけではなく、パソコン全体としての強みも特徴です。

メリット
  • 750W静音電源はカスタマイズ時の電力不足になりにくい
  • 1TB SSDで大容量と高速動作を実現。増設も簡単
  • 同等の構成ならIntel製より少し安い
  • 8コア・16スレッドのCPUは複数の作業を同時にこなす能力が高い

AMD Ryzen 7 3700Xの16スレッド動作画面
AMDRyzen73700X

買うデメリットは本当に以下だけです。
デメリット
  • 同スペックのIntel製PCと明確な差がわかりにくい
「これじゃ選びにくいよ!」

そうなんです。両者の性能差は小さく、使う用途によって若干の性能差が出る程度です。

ですからGALLERIA XA7R-67XT 3700Xは、以前からAMD製のCPUやRyzenを使い続けている方や興味のある方におすすめなんです。

その他のパソコンもチェックしたい方はドスパラのデスクトップゲームPC一覧をご覧ください。

GALLERIA XA7R-67XT 3700Xには2つのタイプがあります。

3700X搭載モデル:194,980円(税込)
3700X搭載セーフティサービスモデル:183,980円(税込)

マウスとキーボードは付属しないため、必要な方は購入時のオプションでガレリア専用マウス・キーボードを選択できます。

公式サイトを見る
公式サイトを見る