低価格が売りのBTOパソコン。余分な機能を排除し自分にあったマシンが選べます。ショップブランドパソコンや、メーカー製のパソコンで何度かBTOしたパソコンを入手する方が非常に多くなっています。やはり最大のメリットは、自分の必要なパーツ、OSだけで組み上げることが出来ることだと思います。自分の使う目的がはっきりしていれば、必要以上の性能は過剰スペックでひいてはお金の無駄になってしまいます。
ショップブランドパソコンであれば、いいパーツは選べない場合が多いですが、その代わり場合によっては、自分でパーツを選んできて組み上げるよりも安い価格で同じスペックのPCを購入することも出来ますから、価格面でもとても魅力的だと思います。自宅に設置するサーバ用に、CPUだけスペックの高いものとか、一般的なゲーム用として、CPUのスペックはそこそこでビデオカードだけ高性能なもの、などといった、普通に考えるとアンバランスなPCもBTOでは組める場合が多いのです。

BTOパソコンとは?
Built To Order 受注生産方式。
すなわち、顧客から注文を受けてから製品を生産する方式のこと。
パソコン直販メーカーのDell Computer社がこの方式で成功を収めた方式で、
パーツの組み合わせを指定してオリジナルのパソコンを注文することが出来る。
最近は多くの大手コンピュータメーカーがこの方式を採用し始めている。

必要最低限の費用でオリジナルマシンが手に入る!

ドスパラのプライムシリーズは様々なベースマシンを用意しています。
更に目的に合わせて各パーツのカスタマイズや構成の変更が可能です。

  • デスクトップパソコン
  • ノートパソコン
  • エントリークラスPC
  • ハイエンドマシン

各種のパソコンにおいて、様々なモデルを作り出すことが可能です。もちろんカスタマイズ後は入念な動作チェックの上、配送されます。

BTOでの組み合わせ次第でいろんな仕様のパソコンが誕生

ゲームユース、ビジネス、インターネット限定マシンなど幅が広がります。

  • 静音パソコン
  • ビジネスモデル
  • TV録画パソコン
  • 64bit対応パソコン
  • デュアルコアパソコン
  • ワークステーション

主に選択可能な部品は?

  • CPU
  • メモリー
  • グラフィックボード
  • ハードディスク
  • CD/DVDドライブ
  • キーボード・マウス
  • オペレーティングシステム

ドスパラ公式ページ

BTOで「本当に必要なパソコン」を作ることができます

私が初めてBTOでパソコンを購入したのは、もう10年以上前になります。当時私はパソコンのカスタマイズにハマっていました。ゲームなども、家庭用ゲーム機よりもパソコン版の方が画質が良くなりはじめた時期でした。そのため、パソコンの内部にも興味が出てきて、パーツなどを交換したいと考えるようになりました。しかし、メーカー品のデスクトップPCでは、カスタマイズを自分でする前提で作られておらず、あまり拡張性もありませんでした。
その時に「BTO」という「パーツを自分で選んで購入することの出来るパソコン販売システム」を知り、利用してみたのです。
【プロに選んでもらう安心感】
パソコンのパーツについて、性能の善し悪しはわかっても、実際にパーツを自分で組んだりすることに不安がありました。その点、プロが「使えるパーツの組み合わせ」を提示してくれるこのサービスはとても助かりました。
【値段の安さ】
値段についても、同等の性能のパソコンをメーカー品として買うよりも安く上がることが多いです。メーカーのパソコンは実際には使わないソフトウェアなどもかなり入っていますので、そのぶん値段も高くなります。それらのぶん動作も緩慢になります。
【購入後の拡張性の高さ】
BTOで購入するパソコンは、パソコンのケースが大きいものを選んでいます。側板を開けてのメンテナンスがやりやすく、もしパーツが壊れても交換がしやすいのです。私が購入したパソコンも、中身を少しずつ変えながら10年以上第一線で運用できています。
【ノートパソコンの見た目は諦める】
BTOでノートパソコンを注文した場合、パソコンの「見た目」は洗練されていません。私もここだけは諦めています。実用性とコストを追求したい場合に、BTOを選択するのが良いと思いました。
【家中のパソコンがBTOベースに】
これらのことから、私はパソコンを新調する時は、大手のメーカーのものを買うことはほとんどなくなりました。今では家族が使うパソコンはノートパソコンも含めてBTOがほとんどです。壊れる時はメーカー品でもBTOでも壊れるので、買い替え費用などを考えるととにかく安くあげられるBTOは助かっています。