ドスパラのミニパソコンです。ミニと言ってもCorei3とWindows10を組み合わせて、安いタワー型パソコンと同等以上の性能をもたせています。

なんといっても手のひらサイズが大きな特徴であり、ビジネスシーンではモニターの裏に貼り付けるなどして省スペース化を目的に利用されています。「Miniシリーズ」としては4万円台からラインナップがありここでは中堅クラスの6万円台のパソコンを紹介します。

バッテリー内臓についてですが「Miniシリーズ」は非搭載。同じミニパソコンでも「DGシリーズ」はバッテリー内臓となりコンパクトさは共通ですが形が全く異なります。「DGシリーズ」はCPUが省電力タイプのインテルAtomとなり、価格も1万円台からありますがその分スペック的には落ちるので、普段もしっかり使いたい方は「Miniシリーズ」のほうが向いています。

製品写真スペック詳細製品特徴
Diginnos Mini NUC-S3H


CPU インテル Core i3-6100U (デュアルコア/HT対応/定格2.30GHz/L3キャッシュ3MB)
OS Windows 10 Home 64bit のインストール (ディスク付属)
グラフィック インテル HDグラフィックス520 (CPU内蔵)(HDMI x1, miniDisplayPort x1)
メモリ 4GB DDR4 SO-DIMM (PC4-17000/4GBx1)
ハードディスク 500GB (5400rpm)
光学ドライブ 光学ドライブ なし
マザーボード インテルNUC NUC6I3SYH (ベアボーンキット)
価格(税別) 61,980円
わずか数秒でWindows 10 が起動する「高速ブート(Fast Boot)」完全対応

従来のPCでは、シャットダウンから起動する際に、システムの自己診断や、搭載ハードウェア(デバイス)の検出、初期化など非常に多くのプロセスを行うため、電源ボタンを押してからWindowsが利用可能な状態になるまで、数十秒から、場合によってはそれ以上待たされてしまいます。

Windows10搭載GALLERIA、Diginnosパソコンでは、最新OS「Windows 10」と、画期的な先進の「UEFI」対応のマザーボードやグラフィックスカードなどのハードウェアを組み合わせることで、これまで起動時に行っていた多 くのプロセスが不要となり、これまでの半分以下の時間でPCが起動する「高速ブート(Fast Boot)」に完全対応。

これまでのPCでは、Windowsの起動画面で数十秒以上も待たされてしまうのに対して、高速ブート対応PCなら、わずか数秒でWindowsの起動画面が終了して、すぐにPCを利用することができます。また、シャットダウンについても同様に高速化されていますので、なかなかPCの電源が切れずにイライラすることもありません。

従来規格の2倍以上の速度を誇る「11ac」対応の、インテル製高速無線LAN搭載

IEEE 802.11n規格の2倍の帯域幅にくわえて、2.4GHz帯と5GHz帯を同時利用する「デュアルバンド」対応、送信と受信を各2ストリームずつ並列処理する「2×2」MIMO方式の採用により、従来の11n規格の2倍以上という超高速データ転送を実現した、最新「11ac」規格対応のインテル製無線 LANモジュールを標準搭載しました。

大量のファイル転送や、動画や音声をふんだんに利用したウェブページの閲覧(※1)など、従来規格の無線LANでは完了までに長い時間が掛かってしまう場面でも、超高速規格「11ac」なら素早くスムーズに処理することができます。
もちろん、従来規格の「11a/b/g/n」にも対応していますので、既存のネットワーク機器にも接続可能です。